政府の緊急事態宣言発令に伴う当区の対応について

全国各地で猛威をふるう新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、今月16日より本道全域にも緊急事態宣言が発令されたところです。

また、空知・上川管内においても感染者が多数発生しており、当区におきましても、職場内の感染防止対策に徹底を図っているところです。

現在、水稲の成育に重要な通水期間中であることや、これから土地改良事業がピークとなることなど、万が一、職場内での感染者が発生した場合における業務停滞など不測の事態を避けるため、今月31日までの間、職場内で職員同士の接触機会を減らすことを目的に、有休休暇の取得推奨やテレワーク等を活用し、事務所へ出勤する職員数を半減させる取り組みを行うことといたしました。

組合員の皆さまにはご不便をお掛けする場合もあろうかと存じますが、特段のご理解を賜りますようお願いいたします。

なお、事務所は通常どおりの業務を行っておりますし、出勤制限中の職員であっても随時連絡がとれる体制となってございますので、何かございましたら遠慮なく事務所もしくは業務担当者へご連絡をいただきますようお願いいたします。